作業途中

icon_title その他の機械

有ると便利なのがエアコンですが、取り付けや取り外しにお金と手間がかかることは確かです。
エアコンは1年を通して使えますが、その他でも代用品となる機械が多数存在します。

一番求められる機能である、冷房に関しては扇風機の他に冷風扇が有ります。
冷風扇は、氷が気化する際に出る熱を利用するので、扇風機よりも冷たい風が感じられます。

窓用クーラーは、エアコンとほぼ同じ機能ですが、エアコンのように広い室内には向きません。

環境に配慮する面では、エアコン以外の機器を使うことが望ましいとされていますが、省エネ対象とされるエアコンも注目が集まっています。

機器を必要としない生活が、環境や経済面に対してもっとも良いのですが、どうしても必要な場合は機能や環境を考慮することが大切です。

エアコン

icon_title お手入れ方法

1年を通して使うことができるのがエアコンです。
エアコンは使用頻度が高く、設置場所も高い所に有るのでもちろん汚れます。

掃除したい場合、どこから手を付けていいのか分からない場合もあるかと思います。
どの部分から取り外すのか、どう掃除するのか、取り外したパーツはどうやって取り付けるのか等、手順が必要です。

掃除するポイントを分かったら、次に必要なのが掃除する箇所に合わせた道具です。
フィルターにホコリが溜まっている場合、掃除機で吸い込んだり、洗剤をつかって汚れを落とします。

自身でエアコンの掃除を行う場合、ホームセンターなどでスプレータイプの洗剤を購入することができます。
しかし、素人なので正しく掃除出来ているか判断できない場合もあるでしょう。

そういった場合は、エアコン専門のクリーニング業者に依頼するのが一番です。
専門業者だからこそ、確実なサービスを受けることができます。
要望によっては、エアコンの汚れを目に見える形で終えてくれるので、どのくらい汚れがあったのか知る機会です。

よく使用するからこそ、綺麗に保つことは大切です。

オフィスのエアコン

icon_title 取り付け方

夏場に涼める冷房や、冬場に温まる暖房など、季節を通して使用できるのがエアコンです。

エアコンといえば、室内の壁の上の方に取り付けられている長方形の箱型の家電機器です。
この長方形の箱型こそエアコンの本体ですが、これだけではエアコンとして成立しません。
エアコン本体は室内で機能しますが、それとは別に外で機能するのが室外機と言われるファンが付いた機械です。

室外機の役割は、室内機の熱を冷ますため熱交換を行います。
この室外機も使用しなければなりません。
そのため、室内機には室外機に接続させる為のコンセントやホースなどがあるので、壁に穴を開けます。
一般的には、エアコンを取り付けるための穴は元から付いている場合が多いです。

室内と室外のコンセントやパイプの接続が完了し、正常に機能するか確認できれば取り付け完了です。

取り外し作業は、エアコンの取り付け手順の逆を行うのではなく、しっかりと確認を行なって進めていきます。

素人でも手順通りに作業を行えばエアコンを設置、取り外し等はできますが、基本的には業者に任せることがオススメです。

業者によっては、取り外したエアコンを引き取ってくれる所もあるので処分の手間が省けます。

カレンダー
2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031